golnew
初心者や100切りを目指すゴルファーに向けて自分の経験した事を独自の理論で展開しています。またゴルフ関連記事も掲載しています。お気軽にお立ち寄りください!
ゴルフスイング

ゴルフスイングで右肘の使い方が難しい!どう動いてどんな形がいいの?

どうもこんちには!今回はゴルフスイングの”右肘使い方”を解説していきたいと思います。

テークバックで右肘はどんな形になっているんだろう?トップでは?ダウンスイングでは?意図的に動かす?それとも自然に動くの?

そんな悩みがある方に私の経験からお話出来ることをお伝えしていきたいと思います。

最後まで読んでいただくとゴルフ場や練習場で自信を持ってスイングできるようになりますよ。

Sponsored Link

アドレス時の右肘は力を入れちゃっダメ!

ではまずアドレス時から見ていきましょう。

アドレス時の右肘はリラックスしよう!

 

アドレス時に右肘に力を入れては駄目です。

そもそもスポーツにおいて構えの段階で上半身に力を入れていい時なんて無いといっても過言じゃないですよね。

ゴルフスイングも一緒。

とくに右肘だけ力を入れる人はいないと思いますが右腕(両腕)全体に力が入っている人をよく見かけます。

「よしっ飛ばしてやるぞぉ」となっている人はやはり必要以上に力が入っています。

 

私の場合はどちらの腕もアドレス時は、だらーんとリラックスさせます。

上半身をリラックスさせるコツとしては下半身に少し力みをもたらすんです。

ただそれもガチガチに入れるのではなくキュッと足裏から内ももを締める程度。

そうすると逆に上半身はリラックスできるようになります。

 

また右肘はギュッと伸ばすのではなくややたるませる程度でOKです。

リラックスしていれば自然とたるみます。

 

アドレス時の右肘の形はどうなってる?

アドレス時に右肘はどんな形になっているのでしょう?

私は上の画像のように一度腕の内側、手のひらを上に向けそこから手のひらだけをくるっと回してグリップします。

簡単ですがこれでOKです。

右肘は下を向いている状態になると思います。

右肘は横を向けるのではなく下を向けるようにしましょう。

グリップに関しては別の記事を参考にしてください。

ゴルフスイングの作り方!アドレス(構え方)の超重要チェックポイント!初心者、100切り向け!

テークバック時の右肘は意識する?いない?

続いてテークバック時の右肘です。

あなたは右肘の形を意識しながらテークバックしていますか?

私は右肘の形を意識しません。その代わりに右脇を開けないことを意識しています。

右脇が開いてしまうとろくなことが起こりません。

これは右脇の解説のところでお話しようと思いますので今の段階では、「テークバックで右脇は開けるな!開けると良いスイングにはならない」という事だけを頭に入れておきましょう。

では、右脇を開けないことを意識すると右肘はどんな動きをしてどんな形で収まるのか?

自然とたたまれてベストポジションに向かいます。

人によってさまざまですが、私の場合は肩が45度くらい回ったところで右肘は曲がり始めトップでは90度以上曲がります。

脇を締めると言いましたがギュッと締める必要はありませんよ。ただ脇の奥が閉じていればOKなんです。

決してぎゅっと締め付けないでくださいね。コツは・・・右脇に大学ノートを挟んだままアドレスからトップまで落ちなければOK。

ぜひやってみて下さい。

トップでの右肘の形

トップでの右肘は、右脇が開いていない事を前提とすると下を向いているはずです。

もし右肘が横を向いていたらそれは要注意ですね。

脇はガラあきで最もまずいトップの形になっているはずです。

多少の形の違いはあっても右肘が下方向を向いていればOKなので確認してみましょう。

 

ダウンスイングからフィニッシュまで右肘はどう動く?

ダウンスイングから右肘に意識はほぼありません。

よく「右肘をボールに突き刺す感覚で下せ」とか、「そのまま下に落とすイメージで」、と言われていますが、ちょっと難しいですね。上級者向きの説明に思えます。

今から100切りを目指すならダウンスイングから右肘に意識はほぼ要らず、そのまま自然と下せばOKですね。

下に落とすというイメージに近いのかもしれません。

要は力を入れたりしなければいいのです。

右利きの人は「ボールを遠くへ飛ばしたい」と意識すると右手、右腕に力が入りボールを捕まえにいきます。

スイングはバラバラとなってボールは大きく曲がってしまうでしょう。

ようするに右手、右腕、右肘を意識しないようにすることが大事。

それが出来るようになってから次の段階にいきましょう。

トップで曲がっている右肘はインパクトにかけて徐々に伸びていきます。

インパクトからフォローにかけてはまっすぐ伸び、フィニッシュでまた曲がります。

この辺はあまり形にこだわらず流れに任せることですね。

右肘の動き使い方を意識しすぎるとスイングどころじゃなくなりますので。

私は右肘の動きは他と体のパーツの動きの結果だと考えています。

だから積極的に意識することはありません。

【結論】ゴルフスイング右肘の使い方!意識しない‼

今回はゴルフスイングの右肘について解説していきました。

結論としては右肘を意識しすぎないことが大事、右肘よりも右脇を開けない事。

こちらの方が大事です。

他の体のパーツの動きの結果となる。今の段階ではそんな風に思っておいてください。

それではまた!

Sponsored Link

 

・誰よりも早く100を切り、よく耳にする『90台のゴルフの楽しさ』を経験し、気付くともう80台に・・・同僚や後輩に圧倒的な差を付け「どうやってそんなに早く上達したの?」と言われたいなら!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

それでは最後までお付き合いして頂きありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください