golnew
初心者や100切りを目指すゴルファーに向けて自分の経験した事を独自の理論で展開しています。またゴルフ関連記事も掲載しています。お気軽にお立ち寄りください!
ゴルフスイング

ゴルフスイング 切り返しのコツ!下半身の使い方と左手首と胸の向きの関係!

ゴルフスイングにおいて最も難しい切り返し

切り返しでの下半身の使い方!

そして左手首と胸の向きで決まる

ゴルフスイングの切り返しのコツとは?

ゴルフスイングの切り返しのコツを・下半身の使い方・

左手首・胸の向きの視点で書いて参ります。

最後までお付き合いをお願い致します!

Sponsored Link

ゴルスイング切り返しのコツ!下半身の使い方!

ゴルフスイングにおいて、下半身と、上半身は分けて考えます

分けると言っても連動しているので、結果的にはつながっています。

ちょっと訳が分からなくなりますが・・・

ゴルフスイングにおいて、下半身と上半身は仲のいい夫婦のよう!

これは有名な方の名言では無く、先日何となく私の頭に

思い浮かびました・・・

下半身が夫。上半身が妻。

夫は一家の大黒柱で、上半身を支え。

妻である上半身はせっせと働き、夫である下半身に黙って付いていく。

けな気な妻。

二人の共同作業でクラブをスイングさせる

息があっていないと思った通りの球が飛んで行かない!

だから非常に大事な関係です。

特に切り返しからはそれが顕著に現れます。

テークバックまでは上半身(妻)の動きに

下半身(夫)が合わせますが、切り返しから最後フィニッシュまでは

下半身(夫)がリードします。

切り返しでの下半身(夫)の役目は体重移動

それだけ・・・

テークバックで右足に溜まった力を徐々に左に移していく

それだけ、細かな作業は無し。

体重移動の仕方についてはこちらを見て下さい。

腰の回し方(コツ)が書かれています。

切り返しのタイミングは、トップに到達する前の段階で

切り替え始めます。

切り返しはリズムが必要!

トップに到達する前に下半身を切り返す?

どうやるの?

ここが難しい!!

頭で考えるとパニックに陥ります。

こういう時は、体で覚える。

リズムを掴みましょう!

1  2~  3~!

いち、にーい、さ~ん!

ゆっくり振り上げゆっくり下ろす

このリズム、『いち』で構えて『にー』でテークバック

さ~ん』で下半身を切り返す!

この動きを何度も繰り返し体に染みつけましょう!

そして初めはゆっくりやります

そして徐々にスピードを上げていきます。

何でも初めからスピードを付けてはいけません。

初めは『ゆっくり』これが大事!

いきなりプロのような腰の回転をしたら

振り遅れるだけですからね。

いち、に~、さ~ん』で振ってみて下さい!

初めは切り返し後もゆっくりしてみて下さい

そしてこれを繰り返してください。

球を打つ時もこのゆっくりなスイングで

打ってみて下さい。

ポイントは『いち!に~い、さん』では無い事!

に~い、さん』だと下半身リードではなくなってしまいます。

あくまでも『に~、さ~ん』でやって見て下さい!

頭では無く体で覚えるしかありません。

なんども繰り返してみて下さい!

ゴルフスイング切り返しのコツ!左手首、胸の向き!!

さぁ!こっからが重要です!

下半身リードは何となくわかると思います。

リズムを重視すれば、それほど難しくありません。

しかし!

上半身、特に『左手首、胸の向き』この二つはちょっと

考え方を変えなければ出来ません。

上半身は妻と言いました。

ここからは働き者の妻がせっせと動き始めます!

ただ勘違いをして欲しくないのですが

これは意識の話です。

あなたが意識してやろうとすることです。

結果は別の話です。

ここを注意してください!

意識と結果は別もの!

 

トップからの切り返しで左手首を旋回!

切り返しで下半身(夫)が動き始めると同時に

トップでローテーションした手首を

胸の向きを変えないように耐えながら、

逆ローテーションさせていきます。

トップからクラブを立てるイメージ!

この具体的なやり方はこちらで詳しく書いています。

トップで横になったクラブを立てる訳です。

そして同時に胸の向きをトップ時の状態で

堪えるんです。

ここが難しい、口で言うのは簡単ですが、

やるのは難しい!

考え方を変えないと無理ですね。

今までのように気持ちよーく、

腕をビュンビュン振っていては出来ません。

やり方としては、左肩を止める感じ!

言い方を変えるとトップで90度回った肩(胸の向き)

を90度のまま維持します。

肩、胸の向きは変えずに腕だけを下してくる。

コツは頭を動かさない!

頭を左に動かすから肩が開く。

胸は後ろを向いたままです。

何度も言いますがこれは意識の話ですよ!

そして後ろを向いたままトップでローテーションした手首を

逆ロ―テーションさせる

(クラブを立てる)(手首を前に倒す)

しつこいようですが、

ここで注意して頂きたいのが、これは

能動的にやる動きです。(意識してやる事

結果(実際の動き、連続写真の動き)は全く違います。

トップで横になった手首を切り返しのタイミングで

立てようとする、

実際はインパクト直前で手首がアドレスの状態に戻るのです。

逆に言ってしまえば、トップでクラブを立てようとしないと

(前倒し)しないと

インパクトでは理想的な形で当たりません。(間に合わない

下半身リードで上半身は何もしないのは間違い!

下半身リードで上半身は何もせずに

下半身のリードにされるがままに

上半身を動かすと

クラブが寝た状態、

つまりフェースが開いた状態で当たってしまいます。

結果、どスライス。

もしくは感覚で開いたフェースを力で元に戻そうとして

インパクト直前で手を使いこねてしまいます。

結果、チーピン

こういう事ってありませんでしたか?

私は、よくありました。

手首や、胸の向きなど考えずに

下半身リードで、上半身はリラックスしているだけで

全く意識せずに、

回転する事だけを考えていました。

飛距離はこの回転で飛ばせばいいんだっ!

って考えてました。

だってそれが下半身リードのスイング

下で打つ』って事だと。

でも結果は、飛距離は伸びず・・・

飛ばしたいと思うと『どスライス

スライスが出た次は、開いたフェースを

力で閉じてチーピン・・・

なんとも情けない結果に・・・

皆さんにはそんな情けない結果にはならないでもらいたいです。

やっぱり真っすぐ思ったところに打ちたいですよね

飛距離も欲しいですよね

それならこの手首の動きと胸の向き。

騙されたと思ってやってみて下さい!

Sponsored Link

まとめ

 

今回は切り返しについて書きました。

スイングで最も大事な部分になります。

何度も反復して理想的なスイングを手に入れましょう!

初めは『ゆっくり』、徐々にスピードを上げて行きましょう

そして、信じて繰り返すことが大事ですね!!

・誰よりも早く100を切り、よく耳にする『90台のゴルフの楽しさ』を経験し、気付くともう80台に・・・同僚や後輩に圧倒的な差を付け「どうやってそんなに早く上達したの?」と言われたいなら!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

それでは最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。

Sponsored Link

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です